kawasaki ZRX1100 というバイクとの日々をブログに綴る自己満足空間(* ̄ー ̄)  ツーリング&盆栽カスタム

シート下小物入れのトラブル(?)

マジで焦りました…。


えっと、先日のメンテナンス走行での話です。



※ 放置した後の復活に相当手間とお金がかかった事から、

最低でも15分、出来れば月に二回は動かしている事を

勝手にメンテナンス走行と呼んでいます(笑)



ZRXはシート下収納が良く出来ています。

めっちゃ入ります♪

ですので、少しだけの時もここに財布やカギを

放り込むのが習慣になっています。




ちなみに、シートを開ける為のカギはココについています。

ZRX1100日記 シート下 開かない トラブル


はい。

で、今回も近場をぐるっと回るだけなので、

いつも通りシート下に財布、キーケースを放り込んで出発。

そして気分良く戻ってきた時の事でした。



あれ・・・・?

カギを回しても、シートが開かない!!(大汗)




家の鍵、ガレージの鍵、財布…全部取り出せへんやん!!!


スマホがポケットにあったもんですから、

「ZRX シート下 開かない」なんてワードでググってみたものの、

特にこれといって出てきません(ToT)


何処かバイク屋に駆け込もうかと思いましたが、

次の予定を考えると、持ち込んで作業してもらって…

なんて時間もありません。


しかし、上着はライダージャケット。

靴はボロボロのアルパインスターズSM-X

これはヤバイ…。



シートの本体が壊れそうになるまでグイっとしましたが、

特注したシートを壊す勇気もなく断念…。



万事休すか…

と思った時、たまたまガレージ(という名の物置)のシャッターを触ると

カギが開いていました!!

いつもは短い時間でも閉めて出るのに、これは本当に奇跡でした☆彡




ただし、これだけでは何の解決にもならない事にすぐ気が付きます。

う~ん。着替えも車のカギも家の中やぁ~…。



さて、もう一度シートのカギをガチャガチャ。

シートをグイグイやってみますが開きません…。

ちなみに、ワイヤーが切れている様子ではありませんでした。

カギを回せばガチャガチャとシートを固定する金具の動く音が聞こえますから。



とやっている時に、ふとある場所からある物が見えました。

ここは全国のZRX乗りさんの防犯上(?)

あまり書かない方が良いかもしれんせんので伏せておきます。


そして、大体誰もが持っている道具二つを使う事で、

見事にシートを外すことが出来ました!!!!!!


良かった!!!!


そんなにいないと思いますが、

ZRXでシートが開かなくなったらいつでも連絡下さい(笑)




…というわけで、ここまでが前置きです(長っ!!)


後日、じっくりと観察してみました。

先ずはカギを回してみます。

すると…


ZRX1100日記 シート下 開かない トラブル



どうもフックが最後まで戻りません(穴の中にチラッと見える突起です)

それが原因でシートが開かないようです。


カギは回っているので、

考えにくいですがワイヤーが伸びたのかなと思い、

色々と調べてみます。

ワイヤーはこのようになっています。



ZRX1100日記 シート下 開かない トラブル


マニュアルを開きますが、

この程度のワイヤーの調整方法なんて乗ってません(笑)


ZRX1100日記 シート下 開かない トラブル



外して観察しますが、調整など全くできません(^^;


ZRX1100日記 シート下 開かない トラブル



こりゃぁ、とりあえずワイヤーを交換するしかないかなと思い、

鍵の方もバラそうと思って触っていました。

すると…



ん?

ZRX1100日記 シート下 開かない トラブル


何か見えるぞ???



慎重に取り上げてみましたらば…


ZRX1100日記 シート下 開かない トラブル


なんと、放置する前に使っていたロックの鍵と

失くしたと思っていた車庫の鍵が現れました(汗)




いつの間にか? 何かのタイミングで?

シート下に入れたつもりが、隙間に入り込んでいたようです。

しかも、それが運悪くカギの後ろ側に回り、

ほんの少しだけカギの回転の邪魔をした…。



しかも、随分と以前からでしたから、

ホントに今回このタイミングで動いた場所が悪かったのでしょう。


これを乗り除いた後、すぐにカギを回してみましたが、

回る可動域に殆ど差を感じませんでした。

何かが引っかかっているなんて夢にも思いません。

記事にすると一瞬ですが、事件発覚から解決まで

丸二日かかっています(笑)



先ほど戻り切らなかったフックも


ZRX1100日記 シート下 開かない トラブル

ハイこの通り

ZRX1100日記 シート下 開かない トラブル


ワイヤーの可動域の差も見て下さい。

実際に2ミリも無いくらい(^^;

たったこれだけの差で、シートは開かないのです!

カギって素晴らしいけど、ある意味で困りもの(いや、今回だけでしょ)








え~っと。

スミマセン。

書きながら思いましたが、皆さんにとっては本当にどうでもいい事でしたね。


個人的には…

シートのカギが開かなくなったらどうすれば良いかが分かった事。

ガレージのカギはポケットに入れておく事。


この二つの収穫はデカかったです。うん。



あと、左側のシートカバーを外したことで、

冷却水が減っていたことも確認できたので、

良いメンテナンスが出来ました(^^


ZRX1100日記 シート下 開かない トラブル



それでは、長々とつまらないお話にお付き合いいただき、

誠に有難うございました m(_ _)m

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

tag : ZRX1200 ZRX1100 ZRX1200daeg bike Kawasaki カワサキ バイク シート下 開かない トラブル

2017-12-01 : Eg・車体・外装関係 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop

プロ目化&フレームマウント化 (途中経過)

まいど!生きております。ウメです(^^v


と、お決まりの文句で始まりましたが、月日は流れどさしてネタもないという日々・・・。

前回の更新から約二ヶ月。

チョビットだけネタが溜まりましたのでUPしてみます(笑)



暫らく動かせないであろう状況にあるので、数年前から考えていた事を今実行中です。


一つは…

ヘッドライトのプロジェクターランプ化(通称「プロ目化」)
その目的は、拡散する光りによって毎回難儀するユーザー車検対策と、見た目(爆)


もう一つ…

フロントカウルのフレームマウント化
その目的は、楽しそうなハンドリングに期待♪です(^^




さて、先ずはプロ目化について。
今回の作業すべてについてですが、月に何度か、1,2時間程度の作業の連続なので、細かい説明や写真などがほぼぶっ飛んでますので悪しからず( ̄▽ ̄v


1208271.jpg

先ずはヘッドライトのカラ割からです。
このクソ熱い季節に、赤外線ヒーターを引っ張り出し、ブチルを溶かします。
後は根気の作業・・・( ̄△ ̄;


1208272.jpg

内蔵するHIDプロジェクターランプキットは、某通販のキット。
中華製です。しかし、HIDは全般的にアホみたいに安くなってますね。

1208273.jpg

この辺はネットで調べていただいたら幾らか出てくると思いますが、車検対応の為にちょいと小細工をせねばなりません。なので、早速分解♪
なんやら、このシールをはがすと保証が効きませんとか書いてありますが、んなもん誰が保証してくれんねんと言うことで、ビリっと。 ここまでの弄り方になると、割りきりが必要ですね♪

1208274.jpg

加工内容はこれです。真一文字のカットライン。コレを右下がりにしないといけません。
真一文字はまだマシ。酷いものは、「日本国内対応」と謳いながら、カットラインが右側通行(左下がり)になっている商品もありますので、プロ目を探されている方、ここは要注意ですよ!!!

1208275.jpg

プロジェクターでの照射は、上下左右が反転しますので、こんな感じで削ります。


で、(小さな加工が多数必要ですが…)ヘッドライトの中に取り付け、クリアカバーを付け、シリコン材を充填すると、以下のような状態になります♪

1207012.jpg


1208276.jpg

黒縁フレームの錆が酷く、#400のサンドペーパーで磨きこみ、塗装しなおしました。
また光軸調整用のネジやスプリングもサビサビでしたので新品に交換しました。
12年も経てば・・・ ねぇ(^^;


と、プロ目化はここまでで中断。



そして、フレームマウント化について。

1208281.jpg

ドクターSUDA製(既に通常販売はしておらず)のフレームマウントキットが手に入りました。
もっと細かいパーツが色々と付随してますが、こんな形です。
右が前側。左の爪が出ているような方が、フレームのネックに当たる部分です。


1208282.jpg

で、早速一番下になる部分をを友人に加工してもらいました(やいぴー有難う♪)
ステー本体を20mmカット&ネジ穴切り直し。

その思惑は・・・

1208283.jpg

この通り、フロントスタンドを使えるようにする為です。
それと、仮組みで判明しましたが、このキットはカウル位置が尋常でなく下ります。
私のサスセッティングでは、フルボトム時にこのステーが確実にフロントカウルにヒットしますので、超危険です(汗)

この加工でバッチリに収まってくれました♪


1208284.jpg

心配していたフレームナンバーも隠れず、何とか全てが顔を出してくれています(ホッ)



で、実は仮組みの状態(ライトなし)を公道でないひろ~~い所に持ち込み、試走させてみました。
(エンジンが掛からずに大変困りましたが…)

感想は。

「まだ仮組みですが、すんごい良いですよ!コレ♪」

拙い8の字をクルクル回りましたが、ノーマルマウントのZRXからは想像のつかない自然なセルフステア感。

普段なら、右へカコン!左へカコン!と切れ込んでくるハンドルが、車体の傾きにあわせてス~ッ、ス~ッと入ってきます。それぞれに良し悪しはありますが、とても良いですね!この感覚。

ネット上の色んなところでプレビューされてますが、確かにSS系の車両に乗ったときのあの感覚に近いです。

速度が上がるとどうなんでしょう。また、高速道直線での安定感が秀逸と言う話も良く出ています。
早く体験してみたい♪

・・・いつになるだろうか(汗)



そして、その試走時に、どうやらこのカラーを紛失したようです。
ちゃんと外しておけよ!
って、長い期間でたまにしか作業しないんでこういう事になっちゃうんですよね(^^;

1208285.jpg

ので、また純正部品取り寄せ…。



フレームマウント化は一旦ここまで!






1208286.jpg


更に加工&調整が続きます・・・




次の更新は何ヵ月後か!?(爆笑)


ではでは( ̄ー ̄)ノ

2012-08-28 : Eg・車体・外装関係 : コメント : 12 : トラックバック : 1
Pagetop

カウルスクリーン下げちゃえ!

本日、とある寄り合いがありまして。

帰ってきて時間ありましたんで、ガレージに籠ってみる事にしました(病)

う~ん。
ハンドル下げたときに感じた違和感…。

1011271.jpg

やっぱ、もうちぃとカウル下げたいな~。
何といっても…


見た目重視ですから!



でも、これステーいじるとお金かかるし、う~む。
※BEETのカウルローダウンキット組んでます
悩んだ末、スクリーンをノーマルにする事にしました(悩むほどの事か?)

ウチのスクリーンは装着にチョイと細工してあるため、ビキニカウル外さなあきまへん。めんどくせっ


比べてみると…

1011272.jpg

約30mmくらいの差ですな。
A2フォルムのエアロタイプ付けて、かれこれ9年ですか…。

思い返せば、座高の高い自分は、ほとんど恩恵受けた事ないし!(爆)
おかげで、1ゆ0km/h以上で走るの苦手やし!(違●ですから!)


ま。戻しちゃえ!


1011273.jpg


どうでしょう。この落ち着く感じ(自己満足ゆえ他人の判断不可)

見た目、低く構えてカッコええですがな♪

うっとり。





自分ってアホやなと、改めて思った今日この頃( ̄ー ̄)ノ


2010-11-27 : Eg・車体・外装関係 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop

クイックファスナー

先日の夜中、こそこそとアンダーカウル周りを採寸作業したのは、コレの為。

1007171.jpg

レーシングカウルでよく採用されている通称「クイックファスナー」です。
90°クルっと回せばロックできるので、簡単簡単♪

某ネットオークションや、一部ショップにあるのは汎用品。
どこでも何でも使えるわけではありません。
使う場所と寸法に合わせて調達する必要があります。

色々調べた結果、次の会社が製造元のようでしたので、直接注文する事にしました。

鍋屋バイテック株式会社
DZUS®(ズース) クイックアクセスファスナ

Dシリーズのスタッドベイルという商品です。
6mm径と4mm径があります。また、三価クロメートとクロムメッキの2種類あります。
今回は6mmの三価クロメートで。

商品の選定方法はコチラの通りですが、参考までに私の例を記載しておきます。

カウル厚(約2.0mm)+カウル取り付けステー厚(2.8mm)=4.8mm
という事は、「D3-316-412-190」という品番が該当します。
それと、受け部の「D3-336-300-190」という商品を購入。
プラワッシャーはストックが一杯あるので、良しとします。
これでラクチン脱着が可能となるはず♪



・・・しかし、一度目の発注では失敗しました
きっちり計った筈が、ベイルが受け部に全然届きません(汗)

もう一度調べてみるに、失敗の要因は3つ。
①カウルの厚みが本体とネジ取り付け部では違っており、約3.0mmであったこと。
②スタッドベイルの受け部の厚み(0.8mm)を加算していなかったこと。
③フレームを一部変更しているためか、ステーとカウルが水平に接面せずに隙間がある(最大2.5mm)

最終的には、
カウル厚(3.0)+カウルステー厚(2.8)+ベイル受け部厚(0.8)=6.6mm
+2.5mm(隙間出ればプラワッシャーで対応)=9.1mm

となります。
というわけで、多少の手数料を取られましたが迅速に対応していただき、
D3-316-416-190」品番に交換していただきました。


その結果。

1007172.jpg
1007173.jpg

バッチリOK!!
いやぁ~。こりゃ便利ですわ。

ちょいと高い部品ですけどね。
オススメです。



自分の経験をもとに、素人さんが発注するに当たっての注意点は次の通り。
・取り付けたい部位のステーの厚み
・カウルのネジ穴部の厚み
・クイックファスナー受け部の0.8mmを足し忘れない
・ステーとカウルの接面具合
で、品番と照合すればダイジョウブだと思います。

まぁ、ウダウダ書きましたが、
使いたい箇所をきちんと図って注文しましょうってコトで(笑)


最後に、ちょこっとレイアウト変更♪

1007174.jpg





↑ポチッとお頼み申します
2010-07-18 : Eg・車体・外装関係 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop

脱着が面倒なので…

なので、ちょっと高いけど踏ん切る事にしました。
注文する前に各部計測(笑)

2010-07-11_2.jpg


大体何のことか分かっちゃいますね。

部品が来たら、いよいよラジエーターの作業に入ってみようかと。
そして、いつ乗れるのかと…


単車の作業出来んので、トラックは奥へと…。

2010-07-11_1.jpg

今度は作業台が封鎖されました…。

それではこれから、子供の食べ残したタコ焼きと、中元で貰ったビールで一杯やって寝るとします。

明日もガンバロ~~~っとぃ。
2010-07-11 : Eg・車体・外装関係 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop

ミラー交換

やっちまいました。

またしてもポチっと病を発症…。


7年程使用しているZRXのミラー。いい加減換えたくて、実は、ダエグの純正ミラーを(新品は高いので競売品で)虎視眈々と狙ってたのですが、新型だけに中々出物がなく、他は亡き名車(珍車?)ザンザスの純正が似てるなーと思えど、ズタボロ品しか出ておらず…


なんてやってる間に、とってもヒットなミラーが発売されちゃいました


0908081.jpg

TANAXのシャークミラーと言う代物です。

発売されてすぐにも関わらず、早速某オークションで三割引き販売されており、なんとなく見てる内に…


ポチっ(爆)



しかし、新商品がいきなり三割引きで流れるなんて、買う方は嬉しいけど、なんだかねぇ(←って言いながら買うヤツ)

結局DAEGの新品と変わらない値段になっちゃいましたが(汗)


0908082.jpg

そのかわり、防眩レンズ仕様です(夜走らねぇって)



どうでしょう?

0908083.jpg


見た目よりも結構軽いので、走行中はちょっとブレそうですが…。

0908084.jpg


ちょっと高級感出ましかたね?

…ま、ほとんど乗らないですけどね
2009-08-08 : Eg・車体・外装関係 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

Instagram

Instagram

Twitter

twitter

ワタクシは…

ウメ

Author:ウメ
1979年生まれの♂

兵庫県生まれ
神奈川県→岡山県を経て
現在は兵庫県在住

趣味であるバイクの事と、
日々のアレコレ…を綴る、

完全自己満足空間





宜しければお付き合い下さい。


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

お世話になった数

有難いお言葉

openclose

ブログ内検索

カテゴリ別

ブロともヨロシク

この人とブロともになる