kawasaki ZRX1100 というバイクとの日々をブログに綴る自己満足空間(* ̄ー ̄)  ツーリング&盆栽カスタム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

バイクにナビ(スマートフォン Xperia X10)搭載 & 試走

さて。スマフォナビ化も最終段階です。

前回記事

その1

その2

その3


で、最後に一個。ヘルメットの中にセットするためのスピーカー(?)を準備する事にします。
やっぱりイヤホンでは、ヘルメットを被るときにズレて上手くできない・・・。

そしてその昔、まだトランシーバーで無線通話やってた頃の記憶では、
分厚いスピーカーは耳を圧迫して痛い。

ちゅうわけで、「薄型ヘッドフォン」なんてワードで検索したら、すんげー薄いのが見つかりました♪

1107093.jpg

8.5mm(驚) ボールペン位っす!

んで、お約束の分解(笑)

1107094.jpg

そして、コレを耳の穴の位置に装着!!!

1107092.jpg

被っても全く違和感おまへん(^^v



というわけで、これでようやくホントに完成です!

さぁ!コソッと試走に行こうではあぁ~りませんか♪


1107095.jpg

ピュピュッと「みつ」まで走ってきました。

文章ばっかで申し訳ないですが、今回のスマフォナビの感想としては…


★良い点★

・内陸部の山奥はまだ分かりませんが、沿岸部近くの山中でも正確に位置を捕捉する。
・ルートを外れたときのリルートが結構早い。
・法定速度前後であれば、曲がる地点などのアナウンスも十分に間に合っている。

という訳で、当然ですがちゃんとナビします



▲悪い点▲

・県道や市道になると、「変な道」や「通れるかいボケ!」みたいな道を案内しよる。

意外な事に、今日の試走の限りはあまり悪い点を感じませんでした。
知ってる場所でこそ悪い感想として捉えられますが、
知らない地ではいつの間にか変な道で遠回りさせられることもあるでしょうね。
鵜呑みにするには危険なナビです(笑)



△仕方がない点△

・薄いスピーカーで耳に密着してないのも原因でしょうが、
 音量MAXでも100km/h超えると段々アナウンスが何言ってるか分かりません。
 内容は不明ですが、ぬうわ位までなら何かアナウンスされている事は十分認識できました。
 ※音楽も同じでした

・GPSに Bluetooth もONしているので、結構電池を食う。
 何かの拍子(たとえば、充電ケーブルを繋いだままキーをOFF→暫くしてONしたときなど)に
 充電ランプが点きながらも充電されてない事があり、毎回エンジンを掛ける度に
 携帯が充電中かどうかをチェックする必要がある(結構面倒)

んなとこでしょうか。
夜とはいえ、久々に暑い中で単車乗ったら頭がボォ~っとして、あんまし働いてません(汗)
後日見直して、書き直してるかも知れませぬ(笑)

総評すれば、まぁまぁ上々な感じではないでしょうか♪







せっかく七曲に来たので、夜ということもあり回さずに流してみましたが、
まぁ~曲がらない事、怖い事!(笑)

1107096.jpg

ふ~む。

1107097.jpg

電灯なしのスモークシールド。
シールド開ければ虫の特攻隊どもに目をやられで、やっぱし単車は昼間乗るもんよなぁ~という事と、
一年近くまともに乗ってないと目と体が着いてこないというのが良く分かりました(泣)

一日でエエから、明るい間に乗りまわしたいのぉ~(懇願)



1107091.jpg

オヤジィ~。単車はこうやっ乗るんやで!



…なんちゃって(笑)









また話が逸れましたね(汗)

というわけで、今回のスマートフォンナビ化に関する主な経費ですが・・・

受信機Bluetooth ステレオハンズフリー乾電池タイプ S41013,280円
ヘッドフォンATH-EQ300M (超薄型タイプをヘルメット内蔵用に改造)891円
電源ニューイング(NEWING) USBステーション NSMS-004   1,866円
マウントBicycle mount for SmartPhone2,880円
全てAmazonにて購入(送料無料)・・・ 合計8,917円


という内訳でした。
まぁまぁ、まともにナビを買うことを思えば・・・位には収まりましたかね(笑) 

ジコマンジコマン♪

なんか、11年落ちでもちょこっとだけ最新型の車両になった気分ですな( ̄ー ̄)ノ


2011-07-09 : 電装系 : コメント : 16 : トラックバック : 0
Pagetop

スマートフォンをナビ化 (配線編)

みなさんこんばんは。
首の筋を違え、口内炎が4個でき、寝不足な感じのウメです。

はよ寝よかなと思ったけど、時間ができたらやっぱりガレージに入ってしまいやした(汗)

さて、前回ご紹介しました秘密兵器(大層な)の中身がこれです。

1106211.jpg

ん~。
まぁなんちゅうことない、ただの配線ですな。

さて、ブログ容量を無駄に使ったところで、この線をどこに割り込ませようかという事が問題です。
ACC電源。つまり、メインキーをONにしたときだけ通電する配線でないと、バッ直なんかやった日には、
半年後(汗)に「さぁ乗ろっと♪」なんてやるワタクシのような環境では、バッテリーが死ぬ恐れがあります。

それ以前に、常時電源である意味がありません(笑)

で、一番に思いついたのがデジテンでした。
手っ取り早く、このプラス線に割り込ませてしまえ( ̄ー ̄)ノ

1106212.jpg


…なんて考えましたが、電圧計ってるのに、間に一本入れてええんやろか?
と、素人っぽい疑問が頭を巡ります。

う~ん…。
やっぱり万全は期すべきということで、デジテンのプラス線をずぅ~っと辿っていくと。

タンク下のメインハーネスに割り込ませてました。
10年前の作業なんか、忘れてしもとる

というわけで、それよりもバッテリーとは反対側。つまり、川下に繋ぐ事としましたので、
またビキニカウルを外し、せっかくまとめた配線を再度引っ張り出します。

う~んと。この茶色×白の配線やな。

…これやな?

……ホンマにこれ???

………え~~~!?(パニック)

いや、ちょこちょこ電装ネタ出てきますが、ホンマに苦手なんです、電気は(泣)

1106213.jpg

サービスマニュアル(略してSMブック)を開いても、間違いないようですので、
あとはどうにでもなれと、えいっ!!

1106214.jpg

このように、割り込ませます。

んで、アースはこれまたデジテンを参考に、ラジエーター固定部のデジテンとは反対側に入れました。

1106215.jpg

さぁ、緊張の動作確認です(汗汗汗)


とりあえず、キーOFFのまま、携帯にUSBを差します。

…。

…。

…。




1106216.jpg

2,3分様子を見ましたが、電気は来てないようですね(ホッ)

では、メインキーを入れてみましょう♪


パチンと!


1106217.jpg

おっ♪
充電が始まった!!!(≧▽≦)ノ

やれやれ。成功のようです。

で、ここまで来て思い出しましたが、このバイク用USB製品は、結構不良品が多いらしいです。
電圧が5Vから前後してぶれているとか。
最近の電子機器はシビアですから、充電が始まらなかったり故障の原因になったりするそうです。
だいぶん改善は進んでいるようですが、くれぐれもご注意を(当たりを引いたからって偉そうに)


さぁ、後はマウント位置を本決めして、試走だぁ~!!!

…7月入ってからね(泣)

ささ。今日はこの辺でお開きです。

細かい組み付けも後日にしましょ。

ではでは。

1106218.jpg

(USB設置位置とナビ化の完成予想図)
2011-06-21 : 電装系 : コメント : 12 : トラックバック : 1
Pagetop

スマートフォン(いまさら)ナビ化計画

最低でも、週に一回乗る事が出来るならば、
ETCを初め、装備したい便利機器が沢山あるワケですよ。

その中でも、やっぱり良いなぁ~と思うのはナビ!

今まではタンクバッグにツーリングマップ入れてってやってましたが、
先ずタンクバッグを使わなくなりました。

次に、最近ではシート下にツーリングマップ入れ、
スタートから休憩ポイントまでは道を頭に入れて、
着いたら次のポイントまでをまた頭に入れ…ってやってます。

まぁ、脳の為にはコレが最善なのですが、


・・・やっぱ便利がいいなぁ~!!
単なる物欲

しかし、安くなったとはいえ、「ハイよいしょ♪」と買えるものでもなく、
その前にメンテでお金掛けにゃならんメニューがズラァ~~~~っと並んどるっちゅうねん(沈)


で、せっかくスマートフォン(初代xperia)持ってるのに、活用せにゃ勿体無かろう・・・

というわけで、

xperia006.jpg

http://tunewear.com/ja/tunemount-bicycle-smartphone/

購入はAmazon

防水も効いてる、自転車用ホルダーです。
防水で無いホルダーは以前からありましたが、
やっとウチのxperiaも使える防水タイプが見つかりました。

雨男的には防水が効いてないと不安なのです。

タッチパネルも外からOKだそうです。

さて、どんな環境でどんなセットにしちゃろか( ̄ー ̄)


まぁ、色々楽しんでやって見ましょう♪


2011-06-18 : 電装系 : コメント : 14 : トラックバック : 0
Pagetop

社外マルチリフレクター考

先日より、車検対策を開始しました。
なんとなくその気になってきたので。

といっても、ホーン着けて、タンデムステップ着けて…

ハイ。終わり(爆)


だって、ビッグラジエーター以外に、2年前から大きな仕様変更ないですもん。
細かい事を言えばハンドル高ですが・・・そんなんねぇ(謎)

唯一の心配は、今回も光軸検査なんですよ。

前回のユーザー車検レポ時には詳しく書きませんでしたが、心配の種は
高さよりも、光量よりも、色温度よりも・・・配光なんです。

経験を元に色々と調べてみましたので、先ずは下の画像をご覧下さい(プレゼン風)

light_2.jpg


HID_2.jpg

上が社外マルチリフレクター&ハロゲンバルブ

下が社外マルチリフレクター&HIDバルブ

大きな違いは、前者はライト全体が明るいのに対し、後者は上部だけが明るい。
何を意味してるかというと、前回の車検で光軸の高さが足りないと指摘された事と連動しますが、
基本、このライト(というか、殆どの社外マルチリフレクターライト…と、DAEGも?)は、
全方照射のハロゲンバルブを使用する事を前提にした反射板となっているそうです。

hid_0941.jpg
(どっかの写真)(爆)

ウチのもそうですが、一般的にHIDのバルブって、下側が遮光してあるでしょ?
だから下への照射がなくて、さっきの写真のような光り方をして、ライト下部に反射せず…
つまり、前方上側への配光が甘くなるというわけです。


専用の計測器でみると、焦点が無くて全体がモヤモヤ~っとした感じになります。

コレが検査官によって×なんですよ!(泣)



なんじゃ~かんじゃ~書きましたが、同じ様な仕様でユーザー車検をお考えの方に向けて、
とにかく一発で通したいんじゃぃ!という方の参考に、ちょいっとでもなればと思い、
記事ってみました( ̄ー ̄)ノ
検査官によってはOK出ますけど、色々な見方がありますからね。

無論、車検設備のある業者さんでやってもらえばこんなん関係なくすんなりOKですよ。
…経験上は。


というわけで、今年はハロゲンバルブに戻して突撃してみましょうか。

…このまま車検に行く気が継続すればですが(^^;

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

2011-05-09 : 電装系 : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop

ちょっと電気の話。

昨日の、雨男と確実に認定された(爆)お出掛けの時に、
ちょいと気になった事がありまして。


年に数回しか乗らないのにも係わらず、10年以上ノーメンテという奇跡のバッテリーですが、今回も久々の始動でしたが、メインキーONの時点で11.2Vでした。

かなりヤバ目ですが、まだまだセルは回せます

そんな感じなので、今回もヨシムラのメーターにチラチラ目をやりつつ、電圧の数値を見てますと…。


走り出し「Hi」の表示に( ̄△ ̄;)
ということは、16V以上の電圧が掛かってる

ライト系をオフにしてたので、全灯してみるとそれでも15.8Vと表示…。

走行中って、こんなに電圧高かったっけ…。
いやいや。こんなことはなかったはず。


ちょこっとネットサーフィン(死語)しましたが、いまいち良く分からなくて

過電圧の原因って、レギュレーターの異常ですよね?

とりあえず、マニュアルに載っているようなチェックの為にテスターを用意しようと考えていますが、だれか、電気に詳しい人居ません?

その辺の掲示板に書き込みする勇気の無いワタクシでした(笑)


2010-02-19 : 電装系 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

LEDウインカー付きライセンスホルダー <アクティブ製>

というわけで、極寒ガレージにて夜な夜な作業したLEDウインカー装着の模様をご報告いたします。

…というほど大そうな内容ではありませんが(爆)

あ。写真撮り忘れましたが、この度のウインカーレンズはスモークタイプを選びました。


ZRX1100のリアウインカー諸々は、全てテールランプ裏にあります。
テールカウルを取っ払い、小物入れも外し、配線を引っ張り出します。
そして、今までの変チクリンなウインカーステーを外し、ウインカーも外します。

…で、この状態。

1001081.jpg

数年前の車両からは、配線はカプラーオンが主流らしですが、10年落ち車両はギボシ接続。しかも、カー用品店に売っているモノよりも細いタイプでしたので、旧ウインカーのギボシを取り、結線カプラーで横着しちゃいました(照)

1001082.jpg

そのままLEDではハイフラになってしまいますので、付属のレジスターを噛まします。使用中は発熱しますので、あまり熱の影響が関係しないシートレール後部に取り付けました。

1001084.jpg

この商品の最大の謎がコレ。
なぜ配線が下端から出ているのか…
取り回しが美しくない!!(泣)
…ってか、リアウインカー周りも幾度と仕様変更していますので、その名残でリアフェンダー裏が穴だらけに

…必殺、バスコーク埋めでいきましょう。

1001083.jpg

こんな感じで、得意の配線グチャ収め成功です(笑)



さぁ。点灯確認


夜中なので、エンジンかけれません。
10年落ちバッテリーは大丈夫なのか!?





1001085.jpg

バッチリつきました。やった~
点滅は問題ないので、レジスターもそのままで大丈夫そうです。

しかし、このバッテリーすげぇなぁ(驚)
いつまでもつのだろう・・・



1001086.jpg


1001087.jpg

DVC00010.jpg


最後は以前と比較用の画像ですが、どうでしょう。
スッキリしたといえばスッキリしましたかね?

ガレージの中では、まだ全体像がハッキリしません

とりあえず、装着完了ってかんじで。


テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

2010-01-09 : 電装系 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

Instagram

Instagram

Twitter

twitter

ワタクシは…

ウメ

Author:ウメ
1979年生まれの♂

兵庫県生まれ
神奈川県→岡山県を経て
現在は兵庫県在住

趣味であるバイクの事と、
日々のアレコレ…を綴る、

完全自己満足空間





宜しければお付き合い下さい。


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お世話になった数

有難いお言葉

openclose

ブログ内検索

カテゴリ別

ブロともヨロシク

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。